パッサージュ > パッサージュのスタッフブログ記事一覧 > 販売図面と重要事項説明書の作成に先立ち、法務局と市役所へ!

販売図面と重要事項説明書の作成に先立ち、法務局と市役所へ!

≪ 前へ|表面利回り20%以上!水戸市一棟アパートの決済を終えて   記事一覧   あなたは賃貸派?マイホーム派?借りるのと買うのはどっちが得なのか?|次へ ≫

販売図面と重要事項説明書の作成に先立ち、法務局と市役所へ!

カテゴリ:パッサージュ
媒介契約をいただいた国分寺市の戸建て物件。物件の概要が記載されるマイソク(販売図面)を作成するにあたり、必要な情報を収集しに法務局と市役所に行ってきました。世間はお盆休み真っ只中。そんな大型連休の最中でも、役所の仕事は暦通り。電車も街中も窓口も空いてて仕事がはかどる♪これが、巷の人たちが休んでいる間に仕事をする大きな魅力。

不動産屋の仕事って?家を売りたい人から物件を預かって、それを買いたい人に紹介する!実はそれだけではありません。預かった不動産をお客さんに紹介するためにいろいろな情報を集めて、それがどのような不動産なのかを売買契約締結まで買主に説明しなければなりません。耳にしたことがあるかもしれませんが、これが重要事項説明といわれるものです。

また、不動産の購入を考えている人は、土地や建物の大きさはどのくらいか?建て替えは可能なのか?建て替えるとしたらどのくらいの大きさの建物が建てられるのか?など、購入を検討するうえで最低限の情報も必要になることでしょう。物件をお客さんにアピールするには、それらの情報を販売図面に掲載することも必要です。

こうした情報を集めるために、役所やライフラインのインフラを提供する会社に足を運んだり、ネットや電話で問い合わせたりするのも、不動産屋の重要な仕事。これらの情報をもとに、これから販売図面を作成しレインズ(指定流通機構)への情報登録という作業なども。物件情報をレインズに載せることで、他の不動産会社はその物件の存在を知ることができるようになります。ひいては、物件の早期売却にもつながるというわけです。とはいえ、レインズは長期のメンテナンス期間に入っていて、明日までアクセス不可能。残念ながら、物件登録はそれ以降ということになってしまいます。

それまでに準備を済ませるべく、これからもうひと頑張り。販売図面の作成に取り掛かるとしましょう。
≪ 前へ|表面利回り20%以上!水戸市一棟アパートの決済を終えて   記事一覧   あなたは賃貸派?マイホーム派?借りるのと買うのはどっちが得なのか?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • お問い合わせ
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 内部ブログ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • Twitter
  • 会社概要

    会社概要
    パッサージュ
    • 〒180-0002
    • 東京都武蔵野市吉祥寺東町2丁目2-13
      al domino 101
    • TEL/0422-90-1488
    • FAX/03-4330-1966
    • 東京都知事 (1) 第103338号
  • QRコード
  • 更新物件情報

    2020-10-30
    鎌倉市二階堂店舗付土地の情報を更新しました。
    2020-10-30
    東村山市中古戸建の情報を更新しました。
    2020-10-30
    東陽町レジデンスの情報を更新しました。
    2020-10-30
    東金市収益戸建ての情報を更新しました。
    2020-10-30
    セリーヌコーポの情報を更新しました。
    2020-10-30
    六角橋ハイムの情報を更新しました。
    2020-10-30
    ミツバハイムの情報を更新しました。
    2020-10-30
    東十条売アパートの情報を更新しました。
    2020-10-30
    プリムリーズハイツの情報を更新しました。
    2020-10-30
    ヤングヒル飯山の情報を更新しました。
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

内田陽一 最新記事



トップへ戻る