パッサージュ > パッサージュのスタッフブログ記事一覧 > 表面利回り20%以上!水戸市一棟アパートの決済を終えて

表面利回り20%以上!水戸市一棟アパートの決済を終えて

≪ 前へ|不動産取引における現況有姿での取引とは   記事一覧   販売図面と重要事項説明書の作成に先立ち、法務局と市役所へ!|次へ ≫

表面利回り20%以上!水戸市一棟アパートの決済を終えて

カテゴリ:不動産投資
先週の金曜日、8月9日に私自身5年ぶりとなる収益物件の引渡しを受けました。現在住んでいる中古戸建の購入や、所有していた区分マンションの売却における決済には臨んだものの、投資物件の買主としては実に久しぶりの体験となりました。なぜそんなに久しぶりなのか?ここ5年ほどで不動産の相場はどんどん上昇、それと反対に収益物件の利回りは下落の一途を辿ってきました。そのような状況の中、魅力的な物件に出会うこともなく気づいたら5年が過ぎていたということですね。

とはいえ、高値が続く相場の中でも掘り出し物の物件は見つかるものです。今回の物件もしかり、2年前に購入した三鷹市の戸建てもそんな物件のひとつです。駅からは離れていいてとても小さいものの、1100万円という区分マンション並みの価格で売りに出されている戸建てをたまたま発見。即日現地調査に向かい、売主にインタビュー。売却理由や売りに出してから当時に至るまでの経緯、不動産に対する思い入れなどを聞きながら、どのくらいの指値が出来そうかを探っていきます。おそらく、1100万円という中途半端な価格で出しているので、1000万円であればこちらの希望が通るのではないか?1000万円を割って3桁になると拒否される可能性あり!?そんな推測を立てながら000万円で申し込んだところ、幸運にも希望額で受けてもらうことができました。不動産取引って、実はこうした小気味よいテンポもとても大切です。売主と買主、そして仲介会社、決済日に3者が気分よく顔を合わせれられる、そんなプロセスを踏んで成立した取引が理想的といえるでしょう。

水戸の物件に関しては自分がオーナーとなったこれからが本番。早速リフォームの段取りを組んでもらって、入居者獲得に向けた活動に入ろうと思います。リフォーム費用250万円、4万円の家賃設定にて11月の満室(実質利回り16.46%)を目指しています。
≪ 前へ|不動産取引における現況有姿での取引とは   記事一覧   販売図面と重要事項説明書の作成に先立ち、法務局と市役所へ!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • お問い合わせ
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 内部ブログ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • Twitter
  • 会社概要

    会社概要
    パッサージュ
    • 〒180-0002
    • 東京都武蔵野市吉祥寺東町2丁目2-13
      al domino 101
    • TEL/0422-90-1488
    • FAX/03-4330-1966
    • 東京都知事 (1) 第103338号
  • QRコード
  • 更新物件情報

    2021-01-21
    ペガサスステーションプラザ蒲田の情報を更新しました。
    2021-01-21
    東陽町レジデンスの情報を更新しました。
    2021-01-21
    かしの木ハイムの情報を更新しました。
    2021-01-21
    鎌倉市二階堂店舗付土地の情報を更新しました。
    2021-01-21
    東村山市中古戸建の情報を更新しました。
    2021-01-21
    花園コーポの情報を更新しました。
    2021-01-21
    シエロの情報を更新しました。
    2021-01-21
    ワールドビルの情報を更新しました。
    2021-01-21
    【天空の城・別荘にも】鎌倉市二階堂中古戸建の情報を更新しました。
    2021-01-21
    神奈川県松田町収益戸建ての情報を更新しました。
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

内田陽一 最新記事



トップへ戻る