パッサージュ > パッサージュのスタッフブログ記事一覧 > 投資家だけではない!マイホームを持つアナタにとっても大切!不動産と税の話(譲渡所得税3)

投資家だけではない!マイホームを持つアナタにとっても大切!不動産と税の話(譲渡所得税3)

≪ 前へ|投資家だけではない!マイホームを持つアナタにとっても大切!不動産と税の話(譲渡所得税2)   記事一覧   空室活用ビジネス(バイクガレージ編 - 1)|次へ ≫

投資家だけではない!マイホームを持つアナタにとっても大切!不動産と税の話(譲渡所得税3)

カテゴリ:節税
今回が譲渡所得税については最終回。前回のコラムで登場した「特別控除」について説明いたします。

特別控除とは何ぞや?残念ながらこの特別控除、収益物件については適用されません。そのため、不動産投資家を対象として前回コラムでは詳しく触れることはしませんでした。どのような不動産が対象になるのか?それは居住用不動産、つまり、自分で住む家の売却に掛かる譲渡所得税課税対象額が控除の対象ということになります。

・居住用財産の3000万円の特別控除

上記控除は、「居住用財産の3000万円の特別控除の特例」といい、自分が住む不動産を売却した譲渡所得から3000万円を控除できるというもの。夫婦で共有する不動産を売却するのであれば、6000万円まで控除を受けることが可能。所有期間に関係なく、短期譲渡でも長期譲渡でも控除を受けることができます。

つまり、居住用不動産であれば譲渡所得が出ても、3000万円までであれば、譲渡所得税は課税されないということになります。そして、現在は住んでいない家であっても、住まなくなってから3年が経過した日が属する年の末日(12月31日)までに売却すれば、本特例の適用対象となります。

・居住用財産の軽減税率の特例

譲渡所得税の特別控除と合わせて、さらに税の優遇が受けられるチャンスも。譲渡した年の1月1日時点において所有期間が10年を超えていれば、3000万円の特別控除後の課税対象譲渡所得の6000万円以下の部分に対する税率が14%に、6000万円を超える部分に対する税率が20%にそれぞれ引き下げられます。

本特例が適用されるほどの譲渡所得が出るケースは多くはありませんが、武蔵小杉のタワーマンションのオーナーさんたちは、この特例の恩恵に預かれるかもしれませんね。
≪ 前へ|投資家だけではない!マイホームを持つアナタにとっても大切!不動産と税の話(譲渡所得税2)   記事一覧   空室活用ビジネス(バイクガレージ編 - 1)|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • お問い合わせ
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 内部ブログ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • Twitter
  • 会社概要

    会社概要
    パッサージュ
    • 〒180-0002
    • 東京都武蔵野市吉祥寺東町2丁目2-13
      al domino 101
    • TEL/0422-90-1488
    • FAX/03-4330-1966
    • 東京都知事 (1) 第103338号
  • QRコード
  • 更新物件情報

    2021-01-21
    ペガサスステーションプラザ蒲田の情報を更新しました。
    2021-01-21
    東陽町レジデンスの情報を更新しました。
    2021-01-21
    かしの木ハイムの情報を更新しました。
    2021-01-21
    鎌倉市二階堂店舗付土地の情報を更新しました。
    2021-01-21
    東村山市中古戸建の情報を更新しました。
    2021-01-21
    花園コーポの情報を更新しました。
    2021-01-21
    シエロの情報を更新しました。
    2021-01-21
    ワールドビルの情報を更新しました。
    2021-01-21
    【天空の城・別荘にも】鎌倉市二階堂中古戸建の情報を更新しました。
    2021-01-21
    神奈川県松田町収益戸建ての情報を更新しました。
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

内田陽一 最新記事



トップへ戻る