パッサージュ > パッサージュのスタッフブログ記事一覧 > 不動産投資における融資の手続きを短縮!根抵当権とは

不動産投資における融資の手続きを短縮!根抵当権とは

≪ 前へ|公庫からの借入でも金利交渉はできる!?   記事一覧   不動産業界でもいまだ認められない中古住宅の良さ|次へ ≫

不動産投資における融資の手続きを短縮!根抵当権とは

カテゴリ:ファイナンス
融資を受けて不動産取引をする際、必ず必要になる手続きが抵当権の設定ですよね。抵当権とは担保物権のひとつ。金融機関は貸したお金を債務者(お金を借りた人)から回収できないときに、代わりに担保として提供を受けた物(不動産など)を売却することで債権(貸したお金)を回収できるようにするために設定するものです。この抵当権については、ご存知の方も多いことでしょう。では、「根抵当権」という言葉を聞いたことがありますか?

根抵当権も担保物権のひとつ。根抵当権が設定された物(不動産など)の担保価値を評価した上で、貸すことができる上限額が設定されます。この上限のことを極度額といいます。この上限の範囲内であれば、貸出と返済を繰り返し行うことができます。当事者の合意がなければ、借りたお金を全額返済したとしても、抵当権と違ってこの根抵当権は消滅しません。

・根抵当権のメリット

企業が運転資金を調達するときなど、借入と返済が繰り返されることが予想される場合などは、根抵当権が設定されます。お金を借りるたびに抵当権を設定する煩わしさだけでなく、抵当権を設定する際に発生する登記費用も省くこができ、抵当権に比べて利便性が高いためです。

このような特徴を持つ根抵当権は、物件の売買を繰り返す不動産投資家も活用することができます。前回「公庫からの借入でも金利交渉はできる!?」にてお話した公庫からの借入に対しては、根抵当権が設定されています。新たな物件購入において抵当権設定をする必要が無いため、抵当権設定登記の費用が不要なほか、担保価値の評価に要する時間も節約できます。その結果、審査も短期間で済むということになるわけです。

一般消費者には馴染みの薄い根抵当権ですが、不動産投資家の皆さんが収益物件を購入する際は、抵当権だけでなく根抵当権の設定も検討してみると良いと思います。

≪ 前へ|公庫からの借入でも金利交渉はできる!?   記事一覧   不動産業界でもいまだ認められない中古住宅の良さ|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • お問い合わせ
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 内部ブログ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • Twitter
  • 会社概要

    会社概要
    パッサージュ
    • 〒180-0002
    • 東京都武蔵野市吉祥寺東町2丁目2-13
      al domino 101
    • TEL/0422-90-1488
    • FAX/03-4330-1966
    • 東京都知事 (1) 第103338号
  • QRコード
  • 更新物件情報

    2020-09-19
    ピアレスの情報を更新しました。
    2020-09-19
    プレジール戸塚A棟B棟の情報を更新しました。
    2020-09-19
    青梅市友田町収益戸建ての情報を更新しました。
    2020-09-19
    SETハイツの情報を更新しました。
    2020-09-19
    毛呂山町収益戸建て(550万円)の情報を更新しました。
    2020-09-19
    フローレスニチエーの情報を更新しました。
    2020-09-19
    ライフピアセイントの情報を更新しました。
    2020-09-19
    ラプラス大森の情報を更新しました。
    2020-09-19
    サンハイツヒロの情報を更新しました。
    2020-09-19
    ハナブサG2アパートの情報を更新しました。
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

内田陽一 最新記事



トップへ戻る