パッサージュ > パッサージュのスタッフブログ記事一覧 > 地主さんだからこそできる!土地を有効活用して不動産投資(その3)

地主さんだからこそできる!土地を有効活用して不動産投資(その3)

≪ 前へ|地主さんだからこそできる!土地を有効活用して不動産投資(その2)   記事一覧   リスクヘッジしつつもリターンを得る!堅実な不動産投資のすすめ|次へ ≫

地主さんだからこそできる!土地を有効活用して不動産投資(その3)

カテゴリ:不動産投資
先にご提案した土地の活用法であるアパート・マンション経営や駐車場経営は、投資に精通している人でなくても思いつくであろうオーソドックスな手法でしたが、3つ目の活用法として高齢者住宅の建設について考えてみたいと思います。

土地を高齢者住宅用地として活用する場合、土地のオーナーは、一般的には次のような方法で家賃収入や地代収入を得ることになります。

・事業者に土地と建物を賃貸する

所有する土地にオーナー自らが建設した高齢者住宅を、介護事業者などに賃貸します。オーナーは運営にかかわる必要がない一方で、安定した収益を上げることができます。

高齢者住宅の建設費用はオーナーが負担しなければなりませんが、アパートやマンションと異なり、高齢者住宅の建設にはさまざまな補助金の適用を受けることができます。

例えば東京都の場合、サービス付き高齢者住宅を整備する事業者に対して、次のような補助が支給されます。いかがでしょう?この内容を見ると、検討してみる価値があるように思えてきませんか?

新築:建設費の10分の1(上限120万円/戸)
改修:改修工事費の3分の1(上限150万円/戸)

次に、土地オーナーが高齢者住宅で収入が得られる仕組みをご説明しましょう。

・土地だけを事業者に貸す(定期借地権方式)

上記のように高齢者住宅の整備に対する補助金が充実しているため、高齢者住宅を建てたい事業者は少なくありません。その一方で、事業用地を用意することができない事業者も少なくないでしょう。そのような事業者に使っていない土地を貸せば、土地オーナーは地代収入を得ることができます。そして、事業者にとっては高齢者住宅の建設用地を確保することができ、まさにウィンウィンの関係に。

・等価交換方式

土地を事業者に提供して事業者が建物(高齢者住宅)を建てます。土地の価格と完成した建物の価格を勘案して、お互いの資金提供割合に応じて、高齢者住宅の売上を分配するというもの。定期借地権方式同様、自分で資金を準備する必要がないというのがメリットですが、土地の一部を手放さなくてはならないというデメリットも考慮する必要があるでしょう。

これらいずれかの方法を取ることで、高齢者住宅の運営自体は事業者に任せることができます。であれば、土地の活用法として「高齢者住宅」を選択肢の一つとして検討してみる余地はあるのではないでしょうか。

≪ 前へ|地主さんだからこそできる!土地を有効活用して不動産投資(その2)   記事一覧   リスクヘッジしつつもリターンを得る!堅実な不動産投資のすすめ|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • お問い合わせ
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 内部ブログ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • Twitter
  • 会社概要

    会社概要
    パッサージュ
    • 〒180-0002
    • 東京都武蔵野市吉祥寺東町2丁目2-13
      al domino 101
    • TEL/0422-90-1488
    • FAX/03-4330-1966
    • 東京都知事 (1) 第103338号
  • QRコード
  • 更新物件情報

    2020-09-26
    栃木県茂木町収益戸建ての情報を更新しました。
    2020-09-26
    神奈川県松田町収益戸建ての情報を更新しました。
    2020-09-26
    ヤングヒル飯山の情報を更新しました。
    2020-09-26
    萬屋コーポA・B棟の情報を更新しました。
    2020-09-26
    プリムリーズハイツの情報を更新しました。
    2020-09-26
    東十条売アパートの情報を更新しました。
    2020-09-26
    ミツバハイムの情報を更新しました。
    2020-09-26
    六角橋ハイムの情報を更新しました。
    2020-09-26
    セリーヌコーポの情報を更新しました。
    2020-09-26
    東金市収益戸建ての情報を更新しました。
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

内田陽一 最新記事



トップへ戻る